ぱち・スロ

パチスロに目押しは必要なのか?(前編)

投稿日:2017年11月13日 更新日:

パチスロといえば目押しをするイメージがあるのではないでしょうか。

※目押しとはリールの回転を止めるときに、狙ったところで止める技術の事。

「パチスロ」は「ぱちんこ」と違い、自分でリールを止める必要があります。
その技術介入の要素があるのがパチスロです。

パチスロに目押しの要素はいらないのではないか?という声を耳にしましたので、目押しの必要性に関して考察をしてみました。

最近では目押し不要の機種がたくさん出ています

目押し不要の機種が増えている理由として考えられるのは、目押しが苦手な人でも簡単にパチスロが打てるようにすることで、もっと裾野を広げようという思いによるものだと思います。

確かに、目押しが必要というのは新しくパチスロを始める人に対してハードルを上げる要素だと思います。

実際には、目押しのいらない機種を選んでいれば大きく不利になったりはしません。

しかし、私の周りにもパチスロは目押しが出来るようになるまで勝てないというイメージを持っている人が多くいます。

スポンサーリンク




新規参入のハードル

私はぱちんこ・パチスロだけでなくゲームも好きなのですが、でも格闘ゲームはほとんどやりません。

理由は、上達するまでは負けてばかりで楽しくないからです(笑)

格闘ゲームは新規参入のハードルが高い。
私以外にも格闘ゲームにそういう印象を持っている人もいるのではないでしょうか?

何の分野であっても、新規ユーザーが参入しないと縮小していきます。
ですので、新規参入のハードルが高いというのはあまりいい事ではありませんよね。

私はパチスロを人に勧める時に、目押しが不安という相手には「目押しできなくても問題ないよ」と言って勧めたりします。

それを考えると、少しでも新規参入のハードルが低い、目押し不要の台というのは今後も需要があると考えられます。

※まぁ、本当に大事なのは新規参入のハードルの問題だけではなく、「新しく始めるに値する動機があるか」だと思いますが、それはここでは一旦置いておきます(笑)

では目押しの要素は不要なのか?

目押しというのは新規のハードルを上げるだけで、目押し出来なくても遊べる台が作れるなら、全部そうすればいいのではないか?

そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは私の考えですが、目押しは必要だと考えます。

「目押し」というのはパチスロ固有の面白みです。

単に目押しの要素を取っ払ったパチスロというのは、せっかくの面白みを一つ失っているとも言えます。

目押しという面白みを失ってしまう事は、それはユーザーの減少につながってしまいます。

その為、目押し不要の機種であっても、損はしないがどこを狙って打つかで出目を変えることで、楽しみ方を変化させる要素として取り入れている機種が多いです。

もし、目押しという要素を取っ払うのであれば、新たな別の面白みが必要になってきます。
しかし、パチスロで出来ることはかなり限られています。(法律がものすごく厳しいので・・・)

そんな中で面白いものを作ろうとすると、目押しの要素も含めて面白い仕様を考えるのは当然と言えるでしょう。

ですので目押しの必要性に関しては、今後しばらくは「目押しは必須ではないが、面白みの要素として必要」という立ち位置が続くと考えられます。

後編へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

-ぱち・スロ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ機械割以上に負けている気がするのか

パチスロ雑誌とかに機械割というのが記載されてますよね。 実際、打つ機種を選ぶ際に参考にされる方もいらっしゃるかと思います。 その機械割に関して、これをよく聞かれます。 機械割98%ってことは10,00 …

リプレイ確率の変動について

パチスロでは、特定のタイミングでリプレイの確率を変化させることができるのですが、今回はそれについて記事にしようかと思います。 5号機のパチスロでは、リプレイ確率を変化させる機能を駆使して様々なゲーム性 …

ぱちんこのオカルトについて

ぱちんこ・パチスロを打つ方なら、誰しもMyオカルトがあるのではないでしょうか。 私は左手でレバーを下から叩くとリプレイが出やすいです(^q^ 「余所見しながらレバーを叩くといい」って人は知り合いに何人 …

パチスロに目押しは必要なのか?(後編)

前回の記事では、パチスロに目押しという仕組みを搭載する必要はあるか?という観点で書かせていただきました。 今回は仕組みの話しではなく、パチスロを打つ上で目押しが出来るようになる必要があるか?について書 …

戦国コレクション3を打って5.9号機を体感

5.9号機のARTがどんなものかと、朝から戦国コレクション3を打って参りました。 メタルギアでおなじみ?全面ぶち抜き液晶の筐体です。 この記事では面白みに対する批評ではなく、5.9号機の要素についてを …