ぱち・スロ

5.9号機になったら何が変わるの?

投稿日:

そろそろ5.9号機が市場に導入されていきますね。

といっても、5.9号機って何?という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

ジャグラーのようなノーマルタイプでは気にする必要はありませんが、ART機種に関しては今までとは大きく違う点があります。

今後、本格的に5.9号機のART機が導入されていきます。
何も知らずに今までの感覚で打っていると「えっ?」となるような点もありますので、いざ打つとなる前に5.9号機では今までと何が変わるのかをおさらいしておきたいと思います。

1回のARTは最大でも1500Gまで

ART機では、通常時にレア役やボーナスなどを引いて、がんばってARTに入れますよね。
5.9号機になると、なんとそのARTのゲーム数が最大でも1500Gまでとなっております。

この1500Gのルールを説明しますと、5.9号機から「有利区間」という概念が新しく入ってきます。
有利区間というのは、遊技者が有利になるような指示をしてもよい区間の事を指します。

遊技者が有利になるような指示というのは、単純に押し順ナビの事です。
※色目押し系の機種の場合は色ナビも指示にあたります。

有利区間中に1500G経過したら強制的に有利区間は終了します。
よって、以降は再度有利区間に当選するまで押し順ナビは出せなくなります。

ARTの純増は2.0枚が上限となっておりますので、実質3000枚が一回の有利区間で出せる出玉の上限です。
※運良く、またすぐに有利区間に当選させて出玉を増やすことはできます。

最大では1500Gなのですが、実際ほとんどの機種はもう少し短くなると思われます。

理由としては、まずRTを昇格させるまでの準備中区間も押し順ナビが出ますので、当然有利区間扱いです。
これだけでも、1500G全てをART区間にするのは難しいですね。

また、CZや前兆区間も有利区間として扱う機種が多くなる事が予想されます。
その場合は、さらに実質のART区間はもっと短くなります。

なぜCZや前兆を有利区間にするの?と思われるかもしれません。
それは次に説明します。

スポンサーリンク




役に対して有利区間に当選する確率は1:1

有利区間ではない状態は通常区間といいます。

通常区間ではレア役などのを引いてART(有利区間)の当選を目指すわけですが、一つの役に対して有利区間に当選する確率は1:1でなければなりません。

どういうことかというと、下記のように役に対して有利区間の当選確率を定めないといけないようになりました。※確率は例です。

弱チェリー:10%
強チェリー:30%
スイカ:5%

これだけ見ると、今までと何が違うんだ?と思われる方もいるかもしれません。

今までは1:1でなくてもよかったんです。
つまり、「低確モードではチェリーで1%、高確モードではチェリーで30%」みたいな事も許されていたのですが、5.9号機では同じ役で状態によって当たりやすさを変えるということは出来なくなりました。

この事から「CZ中のベルは高確率でART抽選」的なことも通常区間では出来ないのです。

※特定のRT中は特殊リプレイ確率を上げて、そのRTをCZの役割に・・・とかは出来る可能性はありますが、そういった特殊なケースは今回は置いておきましょう。

 

有利区間の当選確率には設定差がつけられない

役と有利区間の当選確率が1:1というルールは設定を跨いでも適用されます。

設定1の強チェリーで有利区間当選30%だったとしたら、設定6でも強チェリーは30%にしないといけません。

「それなら設定6は強チェリーが出やすくすればいいのでは?」

いいえ、有利区間の抽選をしている役に関しては、役の発生確率にも設定差をつけられません。ボーナスに関しても有利区間抽選をする場合は、ボーナス確率に設定差が付けられません。

現行の機種では高設定ほどARTに移行しやすいというのがスタンダードですが、そういうのは止めましょう・・ということでしょうか。

とはいえ、有利区間中に関しては設定による性能差をつけることは出来ますので、CZや前兆区間を有利区間とし、高設定はCZや前兆に成功しやすい。みたいなやり方は出来ると思われます。

ですので、CZや前兆を有利区間とする機種は多くなると予想されますね。
当然、CZや前兆を有利区間としたらARTに使用できる最大ゲーム数は減りますが、やむを得ない気がします。

 

有利区間は全体の70%まで

有利区間は全体の70%までに収まるよう設計しないといけません。

ずる賢い方は、有利区間が1500Gで終わったとしても、またすぐに遊技区間に入れて・・・と繰り返せば今まで通り作れるじゃないか。と考える方もいるかもしれません。

しかし、有利区間の割合の上限は決められておりますので、一定割合は通常区間に滞在させなければなりません。

また、有利区間の情報は通常区間に移行した時点ですべてリセットしなければなりません。
有利区間が終わった後の128G間は当たりやすい引き戻し区間のようなことは出来ません。

RTが転落するまでチャンスリプレイが揃いやすい・・とかは出来るかもしれませんが。

 

今までより機械割が下がるわけでは無い

マイナスな内容ばかりなので、一応擁護するとしたら・・・
機械割が下がるわけではありません。

トータルの期待値が下がるわけではありません。
もちろん、一撃性能は無くなりました。
一撃性能が無くなって大きく勝つ確率は下がりましたが、出玉は分散されますので大きく負ける可能性も下がっています

機械割に対する期待値は変わりませんので、期待値を追って立ち回っている方は当然5.9号機でも有効です。
といっても、今までのような天井機能も設けられないので、期待値を追うのは今よりも難しくなりそうですが・・・。

大きく負ける可能性が下がったという事と、止め時や止めてはいけない時というのが減りましたので、初心者の方でも打ちやすくなったと捉えることもできますね。

前向きに捉えましょう!

 

まとめ

色々とマイナスな事が多い5.9号機ではありますが、決して今までより負けやすくなったわけではありません。
ただ、一撃で取り返せるような出玉性能は無くなりますので、投資金額と止め時はしっかりと見極めましょう。

個人的には出玉性能の制限ではなく、出来ることに制限がかかったことによって面白い機種が減ることを一番危惧しています。

5.9号機の枠組みでも新しいゲーム性の模索には各メーカー力を入れて、今後も面白い機種を出していってくれることを願っております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

-ぱち・スロ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保留変化を煽る演出について

最近のぱちんこは、保留玉で期待度を示唆する、保留変化をよく搭載していますね。 保留変化に関しては、当該ゲームはハズレにもかかわらず、 遊技者をドキドキさせることが出来る要素ですので、アイデアはとても良 …

怒涛の新台ラッシュ

9月ももう終わりましたね。 気温も涼しくなってきました。 9月は怒涛のパチスロ新台ラッシュでしたね。 9月は20機種以上出たんじゃないですか?w レビューサイトを立ち上げましたのでレビューを書いていき …

なぜ機械割以上に負けている気がするのか

パチスロ雑誌とかに機械割というのが記載されてますよね。 実際、打つ機種を選ぶ際に参考にされる方もいらっしゃるかと思います。 その機械割に関して、これをよく聞かれます。 機械割98%ってことは10,00 …

リプレイ確率の変動について

パチスロでは、特定のタイミングでリプレイの確率を変化させることができるのですが、今回はそれについて記事にしようかと思います。 5号機のパチスロでは、リプレイ確率を変化させる機能を駆使して様々なゲーム性 …

パチスロに目押しは必要なのか?(前編)

パチスロといえば目押しをするイメージがあるのではないでしょうか。 ※目押しとはリールの回転を止めるときに、狙ったところで止める技術の事。 「パチスロ」は「ぱちんこ」と違い、自分でリールを止める必要があ …